慰安婦について 日韓合意|日本正党|ニュース&コラム

2015年12月28日訪韓した岸田文雄外相が韓国の尹外相との慰安婦関連の会談で合意した内容について現状の情報での状況を考察



おすすめ 保守系サイト更新情報



日韓両外相共同記者発表 外務省発表全文 平成27年12月28日

1 岸田外務大臣

日韓間の慰安婦問題については,これまで,両国局長協議等において,集中的に協議を行ってきた。その結果に基づき,日本政府として,以下を申し述べる。

(1)慰安婦問題は,当時の軍の関与の下に,多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり,かかる観点から,日本政府は責任を痛感している。安倍内閣総理大臣は,日本国の内閣総理大臣として改めて,慰安婦として数多の苦痛を経験され,心身にわたり癒しがたい傷を負われた全ての方々に対し,心からおわびと反省の気持ちを表明する。

(2)日本政府は,これまでも本問題に真摯に取り組んできたところ,その経験に立って,今般,日本政府の予算により,全ての元慰安婦の方々の心の傷を癒やす措置を講じる。具体的には,韓国政府が,元慰安婦の方々の支援を目的とした財団を設立し,これに日本政府の予算で資金を一括で拠出し,日韓両政府が協力し,全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復,心の傷の癒やしのための事業を行うこととする。

(3)日本政府は上記を表明するとともに,上記(2)の措置を着実に実施するとの前提で,今回の発表により,この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。あわせて,日本政府は,韓国政府と共に,今後,国連等国際社会において,本問題について互いに非難・批判することは控える。

2 尹(ユン)外交部長官

韓日間の日本軍慰安婦被害者問題については,これまで,両国局長協議等において,集中的に協議を行ってきた。その結果に基づき,韓国政府として,以下を申し述べる。

(1)韓国政府は,日本政府の表明と今回の発表に至るまでの取組を評価し,日本政府が上記1.(2)で表明した措置が着実に実施されるとの前提で,今回の発表により,日本政府と共に,この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。韓国政府は,日本政府の実施する措置に協力する。

(2)韓国政府は,日本政府が在韓国日本大使館前の少女像に対し,公館の安寧・威厳の維持の観点から懸念していることを認知し,韓国政府としても,可能な対応方向について関連団体との協議を行う等を通じて,適切に解決されるよう努力する。

(3)韓国政府は,今般日本政府の表明した措置が着実に実施されるとの前提で,日本政府と共に,今後,国連等国際社会において,本問題について互いに非難・批判することは控える。


【参照】外務省:http://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/na/kr/page4_001664.html



今回の慰安婦関連の日韓合意について現状を整理 ※2015年12月30日時点での情報をもとに構成しています。

2015年12月28日、訪韓した岸田文雄外相が韓国の尹外相との会談にて年内の妥結を目指していた慰安婦問題に日韓合意という形で報道がなされました。その内容は「最終決着の確認、不可逆の確認、慰安婦像の撤去、賠償金は不可(10憶を政府として搬出)」となっている。実際はまとまらない公算も高い条件もありどうなるか今後も見守る必要もある。



個人的見解と会談開催の経緯を考えてみる。

個人的には外相が訪韓して会談すること自体が不要だと思ってます。すべて突っぱねて「これ以上模造を広げるな!何かあるなら日本に来い!まだ模造を広め日本国民を貶めるのであれば経済制裁を行う!」ぐらい言ってほしいものだ。が日本のお国柄なのか、ある程度折れてでも他国とは仲良く協力というスタンスを持たなくてはならないのかわかりませんが、今回国交50周年の記念?すべき年に問題を一応の解決をつけておこうと年末の多忙な時期に滑り込みで会談を決めたのではないだろうか。アメリカからの圧力もあったかもしれない。「アメリカは韓国を切り捨てるのでその前に一応形だけでも日韓は解決しておけ」と言われたのではなんて話も出ている。「中国から剥離させるための戦術」という話も出ている。まだまだ今後の展開が何度も変わりそうではあるが、最終的にはまとまらない可能性が高いのではないかと思う。



今現在の情報をもとに外交的な勝敗はどうだろうか。

先にも書いたように訪韓して会談したこと自体敗北、放置しておけば自滅するのにと個人的には思っているが、それを抜きにしても「軍の関与を認めた。10憶のお金を出す。総理が謝罪をする」という情報では外交敗北と言わざる得ない。

ただしこの情報がすべてであれば。実際には後からどんどん新しい情報が出てくるので冷静になれば韓国はそうとう厳しい条件を飲まざるえない経済的事情があるのかと思う。


まずは総理の謝罪→総理大臣として改めて,慰安婦として数多の苦痛を経験され,心身にわたり癒しがたい傷を負われた全ての方々に対し,心からおわびと反省の気持ちを表明」つまり過去の河野談話の踏襲、今までの政府のスタンスを変えるものではない=今までとなんら変わらない。


慰安婦像の移設→発表文言を見ると適切に対処とあるが、移設とも撤去とも書いていない。本来なら模造なら全ての像の撤去がふさわしいのだが、政府としては韓国の民間団体がやっていることなので全部撤去しろとは言えない。なので国際法に基づく大使館前の像の設置について移設するというのが最低限の落としどころなのでは。それ以外の像についてはもう勝手にやってろというしかないのでしょう。


軍が関与したのを認めた!→今までと変わらない。強制連行したのではない。これは河野談話でも言われているが、軍の施設であることは変わりない。当時は売春は合法で賃金を払い娼婦を雇う施設を軍が開いていたのは事実。なんら責められることはない。「軍が強制連行した性奴隷!」ということを日本が認めたわけではないし、当然そんな事実はない。※白馬事件(軍ではなく軍人が関与したということなので根本的に違うが)は韓国とは別の話なので除く。


10憶の政府搬出→どこに10憶と入っているのか?誰が言い出したのか不思議。仮に10憶を搬出すると前提したうえでも慰安婦像の適切な対処をしたうえでの搬出となる。対処がなされない場合には出さない。まずまずの落としどころでは?また、賠償ではなく傷をいやすための処置で、国際的に地位のある日本がかわいそうだからお金を出すとということ。そしてその搬出金は韓国側の基金のゆだねられる。ということはあとは韓国政府が解決しろよということではないのか。そしてすべての項目に言えることではあるが、共同文書の作成が、韓国政府の都合で作成されなかったこと。正式な文章なしでは政府はお金を搬出することはできない。しかも韓国政府に少女像について解決できる力があるとは到底思えない。

この10憶については1円でも出すのは悔しいことではあるが、韓国に慰安婦団体が一人20憶!なんて言っているのに比べたら天と地のひらきがある。早速この金額や像の移設にからんで全て無視する!と騒ぎ立てている。これでは解決できるはずもない。


不可逆での最終解決の確認→これが最大のメリット。不可逆というのは永遠に変わらない、ということ。この件について今後一切変わらないということで今後韓国政府が一切このことに文句を言うことができなくなる。もちろん韓国政府が約束を破らなければ。破るとするなら搬出金も当然出せるはずもない。が、それ以前に上記の内容では共同文書にて合意できるはずはないのでは。


このように冷静に見るとなんら今までとかわらないなという印象を受ける。実際、日本政府としてこの問題は日韓基本条約で解決済みというスタンスを崩していない。「ぎゃーぎゃー煩いし可哀想だから少し助けてやるよ、だから黙れよ」といった感じか。



最後に

今後も色々情報が出てくるが、最終的にはまとまらずに終わるのではないかと思います。韓国政府が慰安婦団体の批判を一手に受けて強制的に解決を図る余力があるとは思えない。今回の会談前は威勢よくスワップも復活希望!とかいう情報もあったがそんなものを頼む余裕すらなかったのだろう。韓国政府はよくあんな会見をひらいたものだ。早速団体から総攻撃を受けている。それほど冷静になればなるほど日本の言い分がほぼそろった内容ではないか。搬出金がかなりの高額にでもならない限り、この条件をすべて飲めば、韓国政府はつぶれていくくのではないか。

なんにせよ今後の経緯を見守りたいと思います。







皆様の応援が明日の住みよい日本を作ります!!情報拡散にご協力下さい。1ツイート、1ブックマーク、!イイネであなたも今日から日本正党の党員です(笑



ページランク表示

日本正党|Revival Japan!!日本復活を叫ぶ